Press "Enter" to skip to content

「洗練されたクオリティー」「悪夢の夜」 海外メディアが日本代表のクロアチア戦を採点|カタールW杯

森保一監督率いる日本代表は12月5日(日本時間6日)、FIFAワールドカップ・カタール2022のラウンド・オブ・16(ノックアウトステージ/決勝トーナメント1回戦)で延長戦を含む120分をプレーした末にクロアチアにPK戦で敗れて大会を去ることとなった。イタリアの『EUROSPORT』が日本のプレーを採点し、遠藤航と前田大然を高く評価している。

Be First to Comment

Leave a Reply

%d bloggers like this: