Press "Enter" to skip to content

痛みを抱えながら第3戦の勝利に貢献したウィリアムズ「犠牲を払う価値はある」|NBAファイナル2022

TDガーデンで行われたNBAファイナル第3戦、ゴールデンステイト・ウォリアーズを相手にボストン・セルティックスが116-100で勝利した試合で、左ひざの痛みを抱えながらも最も影響力のあるディフェンダーとしてチームに貢献したロバート・ウィリアムズは、優勝をかけた戦いにケガを押してでも出場することに「それだけの価値がある」と語る。

Be First to Comment

Leave a Reply

%d bloggers like this: