Press "Enter" to skip to content

2023年シーズン後にフリーエージェントとなる大谷翔平の契約額は600億円に届くか

大谷翔平は、今日のMLBのフリーエージェント時代において、最も期待され、魅力的で、熱望されるFA選手になると言っても過言ではない。2022-23年のFA市場も活況にあり、2024年も高騰が続く傾向が見えてくるなか、大谷のFA市場価値はどうなるのか? 本誌名物記者ライアン・フェイガン(Ryan Fagan)が分析する。

Be First to Comment

Leave a Reply

%d bloggers like this: